Q&A

お腹を凹ませたいなら脚を鍛えるべき

こんにちは。トレーナーの佐々木です。
先週、当ジムのトレーナー陣で筆記、実技テストを行ないました。トレーナーという職業も毎日学ぶことばかりで常に向上心をもたないとクライアント様に失礼ですからね。当ジムはトレーナーレベルを向上するために、毎月1回テストを行なうようにしております


お腹を凹ますのは脚を鍛えること

脚の筋肉は身体の7割を占めているといわれております。
脚にはお尻の筋肉や太モモの筋肉、ふくらはぎなどたくさんの筋肉が付いているのでそれらを動かしてあげると、活動代謝(動くと消費するカロリー)が上がったり、血行が良くなり、むくみが改善したりする可能性があります。ただ、他にも気になるポイントがあります。

それはお腹が凹んでくること。
これです!!なぜ凹んでくるのかは食事制限も関係ありますが、脚の筋肉は身体の7割を占めているといわれているので脚を鍛えている間の消費カロリーは一番大きいんですね。腹筋運動をすることは大切ですが、まずはお腹の周りについている脂肪を落とさないと腹筋運動をしてもお腹は凹みずらいので、消費カロリーが一番高い脚のトレーニングをして脂肪を落とすことが大切です。
ただ脂肪の落ちる順番は決まっている為(個人差による)部分痩せは基本できないんですね。
よくお腹を痩せたいが為に腹筋運動しかやらない方も見られますが、それよりもスクワットをしっかりしてあげたほうが結果は出やすいと思います。

あとよく知られていないのが腰や骨盤に付いている大腰筋、腸腰筋というインナーマッスルです。
インナーマッスルが弱いと内臓が下がってきて胃下垂のようにポッコリお腹に見えたり、姿勢が悪くなったりします。なので、インナーマッスルを鍛えなければいけないんですね!!

インナーマッスルを鍛える方法は次のブログで載せますね。

 

以上 佐々木でした。