トレーニングルーム

来年も宜しくお願い致します。

 

年末年始の体重のキープの仕方

Q&A

年末年始は忘年会や新年会と太る機会が多くなる時期ですね。食事の種類が選べれば大丈夫なのですが、付き合いで選べない。そんな状況が多いと思います。
そこでキープする方法を紹介です!!

まず、1日の摂取カロリーが多く消費カロリーが少ないほど体重は増えやすいです。そこで摂取カロリーを少なくするために朝は食べずに、昼は軽め、夜はたくさん食べる。という流れの方が多いと思いますがこれは太りやすいです。その理由は、食事を抜くと痩せづらい身体になりやすく食べたものを吸収しやすくなるからです。
なのでコツは食事回数を増やすことと、朝はバランスのよい食事をし、昼は炭水化物を控えサラダとお肉やお魚を中心にし、間食にアーモンドやくるみを食べ夜はよく噛む、サラダから食べることを意識してください。
こうすれば体重は意外にキープできるかもしれません。もちろん合う方と合わない方がありますので試してみてください。

 


体重よりも見た目

体重は言わないと他人には知られません。他人に評価されるのは見た目です。
正直、10㎏落とすのと10㎏痩せたように見せるのは難しさが全然違います。簡単なのは体重を落とす方法です。理由はたくさんありますが、食べる量を減らし水分を身体から抜き筋肉を落とせば、簡単に体重は落ちます。ただリバウンドが絶対にあります。それにくらべて10㎏痩せたように見せるのはバランスよく食事バランスを考え食事の回数を増やし運動をしなければいけないんです。なので難しいのは体重ではないんですね。自分でやるのが難しいのでパーソナルトレーニングジムがあるのですね。
年が明けたらなりたい身体に向けてパーソナルトレーニングジム通ってみてください。
当ジムも皆様のご来店心よりお待ちしております。

 


今年もお世話になりました

トレーニングルーム

アレスコパーソナルトレーニングジムがオープンしたのが2018年2月。
まだ1年経っていませんが、たくさんのお客様にご入会いただきました。ありがとうございました。また入会していただいたお客様のおかげで来年の1月からもう1部屋増やすことができトレーニング部屋だけで3部屋稼働することが可能になりました。
本当にありがとうございます。
来年もよろしくお願い致します。

アレスコパーソナルトレーニングジム
トレーナー 一同。

 

青山剛トレーナー

新トレーナーとして男性パーソナルトレーナーの青山剛が加わりました!

新トレーナーとして男性のパーソナルトレーナーである青山剛が加わりました!

Read more

モニター会員ビフォーアフター

ダイエット2ヶ月を終えて

この度当ジムから1名、モニターコースを終えました。その結果報告をさせて頂きます。
今回のモニターコースは60分の2ヵ月(回数16回)です。まずビフォーアフターをご覧ください。

Before①

After①

Before②

After②

 

結果

体重ー4㎏ 体脂肪ー4.1% ウエストー5.8㎝

でした。

女性でも筋肉をつけて、ウエストを絞ることは可能です。筋肉をつけたい量もN・Y様みたいにつけたい人もいればほどよく筋肉をつけたい人もいらっしゃると思いますので。そこは当ジムの無料カウンセリングでトレーナーとプランを一緒に立てていきましょう。
何事もはじまりが大事です。

当ジムの無料カウンセリングはこちら

 


食事内容の一部を紹介

血糖値をなるべくあげずに、間食を増やす。
そして野菜をたくさん摂り腸内環境をよくすることが今回の食事のテーマでした。

N・Y様のお食事の一部です。
なかなかのボリュームですね。
体質に合わせてメニューを立てているためお客様によって食事内容は違います。

 

N・Y様からの一言

始める前は、自分のトレーニングがマンネリしてました。2か月を終えてまた更に成長できて、アレスコがきっかけで、目標も見えて本当に感謝です。更なる進化に向けて羽ばたきマッスル。

またN・Y様について過去のブログに書かれておりますので合わせてご覧頂きたいです。

N・Y様についてはこちら

 

以上 佐々木でした。

 

トレーニングルーム増設

1月から201号室と206号室が当ジムのトレーニングルームとして利用することができるようになりました。

その為、1月から当ジムのトレーニングルームが増設されます。今回増設できたのは、当ジムに通っていただいたお客様のおかげでございます。誠にありがとうございます。

今後も、お客様自身が考える理想の身体に近づくことができるように全力でサポートさせて頂きますので宜しくお願い致します。

アレスコパーソナルトレーニングジム

美しくなるボディーライン①

ジムに行ったら何をする?

トレーニングジムに行き自分でトレーニングされている方は、「何をすれば綺麗になるんだろう」「どうしたら痩せるんだろう」と思っていませんか?よくお見かけするはジムについたら適当に運動し、適当に有酸素運動。これかなり多くてもったいないです。
今回は女性に役立つ、ボディーラインが美しくなる当ジムで実際行なっているトレーニング内容を一部ご紹介いたします。

ターゲットとする部位は

  • 脚(太もも裏、お尻)
  • 二の腕
  • お腹

になります。
ご参考程度にご覧いただけると幸いです。

 

1 脚(太もも裏、お尻)

人間に付いている筋肉の7割は脚です。その為使われるカロリーも大きくふくらはぎは身体の中の血液の流れを良くするポンプの役割をするので、むくみ改善にもつながります。
もっと細かく言うと膝の屈伸運動は腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉が使われます。腸腰筋が使われる動作はお腹の筋肉にも関与する働きなのでくびれを作り出すことも可能です。
よくお腹を割る=腹筋運動というイメージですが、お腹を割るなら適切な食事食事内容と脚のトレーニングだけでお腹を割ることが可能なんです。


レッグカール(太もも裏、ふくらはぎ、お尻)


意識するポイント!

脚を下から上まで上げ下げするのではなく、真ん中あたりからお尻に向かって曲げていきます。そのほうが太ももの裏を鍛えやすいです!


・ブルガリアンスクワット


この種目は太ももの前に刺激が入りやすいです。ですが太ももの前を鍛える種目ではないですので太ももの前に効いたら間違い。

意識するポイント!

つま先を椅子の上に寝かせて置くことと胸を張るよりはお辞儀をして行なうことです。そうすると太ももの前には効かず、お尻と太もも裏に効いてきます。

2つの種目を実際行なっているトレーニング動画がございますので是非ご覧ください。

トレーニング動画はこちら

 

あれ?大定番のスクワットは?と感じた方もいると思いますがスクワットは注意点がたくさんあるので次回のブログに書きたいと思います。

以上 佐々木でした。

 

ALESCO personal training gym ロゴ

ダイエットをする時のカロリーの決め方

今日はダイエットをする上で必要なカロリーの決め方をご説明いたします。考え方はいろいろありますので一つの案として読んでください。

摂取カロリーを考えよう。

1日に摂取するカロリーを決めるのはとても大事です。その人自身の今までの食生活や、腸内環境によりダイエット効果は変わってきますので、まず自分は1日どのぐらいのカロリー食べたら体重は増え、1日どのぐらいのカロリーに減らしたら体重が減るのか知ることがダイエットではカギになります。

 

まず脂肪を除いた体重を求めます。

①体脂肪率÷100=A

②体重×A=B

③体重ーB=脂肪を除いた体重
(除脂肪体重)

が求められます。

除脂肪体重を求めたら・・・・

除脂肪体重×40=セーフティカロリー

が求められます。

このセーフティカロリーは頑張って動けば痩せる可能性はありますし、動かなければ増える可能性があるカロリーですセーフティカロリーの量だけ食べる食事内容を1週間試してみて体重が増えていったら身体はセーフティカロリー分、エネルギーを消費できない身体になっているのでカロリーを落とせば痩せる可能性はあります。また、セーフティカロリー分食べていても痩せるのならばカロリーを増やしても痩せる可能性があります。
まずは1週間増えても増えなくてもやりきることが大切です。

PFCバランスを考えよう

セーフティカロリーを試してみて自分に合うカロリーを見つけたら次は食事バランスを考えます。そこで使うのがPFCバランス。

 

P(prptein)タンパク質1g 4㎉
F(fat)脂質1g 9㎉
C(carbohydrate)炭水化物1g 4㎉

と決められています。

 

まず、バランスを考える上で最初に考えるのはたんぱく質(P)、次に脂質(F)、最後に炭水化物(C)ですね。

セーフティカロリーからのカロリーの増減の考え方、PFCバランスの割合の考え方はこの記事では内緒です(笑)

ここから先のお話しは是非、当ジムに入会して頂き一緒にあなたにあったカロリー、食材、トレーニングを見つけていきましょう。

無料カウンセリングのお申込みはこちら

減量終盤!!

30代のN様、モニター経過

モニター会員様の1人であるN様の途中経過。
仕事とトレーニングを両立しながら頑張っている30代のN様。当ジム以外にも、トレーニングジムに行かれ1人でトレーニングをしているお客様です。カウンセリングに来た時の第一印象は下半身がしっかりしている!と思いました。

当ジムのトレーニングプログラムが始まる前のN様。

 

 

どうですか?下半身、キレイですよね!
ただ、一つ目立つのが黒さ。ただ、黒いです(笑)
N様が当ジムに入会した理由は、N様のお母さまが当ジムに体験トレーニングに来られ、お母さまはやる気満々でご入会。N様はついでにやってみようという感じのご入会でした。
そんなN様ですが、日に日に体型は変わり今の目標は。
2019年に行なわれる身体の美しさを求められる大会で優勝することです。

N様のトレーニング時に着ているウェア。


はい。もう米軍です。米軍の方がトレーニングしております(笑)
もちろん職業は米軍ではありません。

ただ、注目ポイントはウエスト!
絞れてますよね!まだ途中ですがいい感じです。

そしてつい最近のN様。

いやーいい筋肉してきました。
肩がメロンパンになってきました!
大会に出る方はこの時期は大切ですからね。

ここまでご覧になられて筋肉は簡単に付いてムキムキになると思っていませんか?
安心してください。女性はかなり努力しないとムキムキになれません。
N様はかなり努力されており、トレーナーの指導は必ず従って下さっております。N様の目標に合わせて我々もサポートさせていただいておりますので、是非目標を達成していただきたいです。N様のビフォーアフターがとても楽しみです。ビフォーアフターはコース終了後に掲載させていただきます。また当ジムは、痩せること以外に筋肉をつけたいというお客様もたくさんご入会いただいておりますので筋肉をしっかりつけていきたいと思っているお客様も是非当ジムにご入会下さい。

当ジムの無料カウンセリングはこちら

話題のHMBとタンパク質

話題のHMBとタンパク質

 

今回は、今話題のHMBのサプリメントについてブログに書きます。HMBは良くネットの宣伝で「飲むだけで筋肉がつく」がつくと書かれており、その言葉を信じてHMBを購入する方々が多くいます。今回はそのように書かれているその理由を書かせていただきます。


HMBとプロテインは違う?

タンパク質とは

タンパク質を英語で言うとプロテインといいます。皆さんが想像する粉を溶かして飲むプロテインは、プロテインパウダーといいます。タンパク質とはなにか。

働き食品
筋肉・臓器・肌・髪・爪を作る。

タンパク質は微量ながらエネルギー源

 

肉類・魚類・乳製品・大豆製品・卵類

タンパク質は不足すると、肌や髪のトラブル、筋肉量が減る、集中力が落ちてしまいますのでタンパク質はしっかり摂取しなければいけません。

HMBとは

HMBはロイシンの代謝物であり必須アミノ酸9種類とうちの1種になります。
必須アミノ酸とはタンパク質を構成するアミノ酸のうち、身体の中では作ることができない為、食べ物から摂取しなければいけないアミノ酸のことです。

なのでタンパク質の構成するのが必須アミノ酸なので、プロテイン(タンパク質)とHMB(ロイシンの代謝物)はそれぞれ違う役割があるのですね。


HMBのサプリメントの効果

筋肉量の増加

脂肪量の減少を促進させる働き

筋肉の分解を防ぐ

 

この三つが主な効果です。

筋肉をつける上で推進されている量は1日に3gと言われております。これを1日に摂るように細かく分ければ効果は出やすいです。

1日3gを食べ物で補おうとすると、とてつもない量のタンパク質が必要なのでサプリメントから摂ったほうが早いです。なので、飲むだけで筋肉がつくなどの宣伝があると思いますが、HMB(ロイシンの代謝物)はタンパク質の構成をするアミノ酸の一部なので、バランスを考えた食事内容+運動+HMBの組み合わせが一番効果が高いと思います。
飲む際は、バランスの取れた食事内容にし、運動をすることをおススメいたします。

 

以上 佐々木でした。

当ジムと他のジムの違い

当ジムと他のジムの違いはなに?

今回は、当ジムの違いと他のジムの違いをブログに書かせていただきます。
「料金」・「場所」・「トレーナーの質」・「食事指導内容」など、皆様がジムを探す際に気になるポイントだと思います。この気になるポイントを中心に他のジムと比較していきます!


1 料金

 

まず、料金ですね!50分のトレーニングのところや60分のトレーニングのところ、75分のトレーニングのところもあれば90分、100分のところもありますのでどれを選んだほうがいいのか分かりませんよね。ただ、私たちがオススメするのは75分・90分・100分です!!
理由は、時間が長ければ種目間の休憩時間もしっかり取ることができ、トレーナーとダイエットについて会話がのんびりできるからです。カウンセリングの際に「長い時間トレーニングに耐えれるか不安」というお言葉をよくいただきますが、短い時間のほうが実はキツイです。
時間が短いとその分、種目間の休憩時間か種目を少なくし、また時間に追われるのでトレーナーとダイエットについての会話がのんびりできないので、質問などはメールのやり取りになることが多いんです。理解するには直接聞いたほうが覚えやすいですし、お客様の体力に合わせて休憩時間や種目数も選べるので、当ジムは長い時間をオススメしております!

ここで料金を比べてみましょう

ジム名トレーニング料金
アレスコ1回 90分

2ヶ月/16回

220,000円

大手ジムA1回 80分

2ヶ月/16回

500,000円

大手ジムB1回 100分

2ヶ月/16回

300,000円

※入会金除く
※料金は税別です。

 

料金の違い、いかがでしたでしょうか?
時間は10分違いなどはございますが料金はバラバラです。始めるなら安いところが良いと思いますがトレーナーの質はどうなの?と思いますよね。では次はトレーナーの質について書かせていただきます。

 


2 トレーナーの質

次はトレーナーの質です。
料金が高いからといってトレーナーが優秀ということではありません。結論から言いますと、「当たりもあれば外れもある。」ということです。

当ジムのトレーナーは全員大手ジムで働いていたため分かるのですが、大手ジムのトレーナーは未経験の状態から学び、研修を経てトレーナーデビューしていきます。なので生まれたてのトレーナーさんが多いのです。中には、トレーナーを昔からバリバリやっていた方もおり知識、技術も豊富です!ですが、そのような優秀な人たちは、独立して自分のジムを持つ方も多くみられるので、大手ジムには必ずしも優秀なトレーナーがいるわけではありません。なので当たりも外れもあります。

他よりも料金が安い当ジムのトレーナー陣は一言でいうと優秀です。まずトレーナー歴が全員長いので生まれたてトレーナーではありません。未経験でもありません。ただ優秀かどうかというのはお客様からの評価によるものですので、そこは当ジムが栄エリア1位になっていること。お客様のビフォーアフターを見ていただければわかると思います。そしてトレーナー陣全員が大手ジムで勤務経験ありなんです。佐々木は24/7ワークアウト、青山と小栗はライザップです。

トレーナーの自己紹介はこちら

 

栄エリア1位についてはこちら

 

トレーニングを受けたお客様の声はこちら

 

ただ、綺麗さや設備は大手ジムに敵いません。そこを求めるのならば大手ジムに行くべきですが、技術と安さを求める方はぜひ当ジムにお越しください。トレーナーの指示に従っていただければ今よりも身体は確実に変わります。

無料カウンセリングのページはこちら

 


3 食事指導内容

最後は大手ジムと当ジムの食事指導内容の違いについてです。大手ジムの大半の食事指導は糖質制限です。糖質制限のメリットとデメリットはどうでしょうか。

 

糖質制限(大手ジム)

メリットデメリット
糖質を抜くだけなので簡単に始められる

短期間で効果が出る。

体重も減らしやすい。

ダイエット指導もしやすい。

続けることは難しい。

リバウンドがしやすい。

炭水化物が好きな人は辛い。

筋肉量が落ちやすい

 

短期間で効果が出やすいので、大手ジムは導入しているところが多いです。食事指導も糖質を制限して良質な脂とタンパク質を中心に食事メニューを立てますので非常に簡単です。ただ、痩せ続けることは難しいこと、糖質を一生抜き続けることは無理ですよね。日本はお米が主食、糖質の誘惑がたくさんありますのでその誘惑に負けてリバウンドをしたというのはよく聞く話です。それでは脂質制限はどうでしょうか。

 

脂質制限(当ジム)

メリットデメリット
炭水化物が食べられる。

外食の調整がしやすい。

筋肉量が落ちづらい。

ストレスを感じづらい。

長く続けれるダイエット。

食費がかかる。

短期間で劇的な効果が出づらい

体重の減りはゆるやか

食事メニューを考えるのがめんどくさい。

 

脂質制限は、余分の脂を制限し糖質とタンパク質を中心に食事をおこなう食事法です。筋肉を増やすには糖質+タンパク質が必要です。糖質制限の場合は体重は落ちやすいですが、糖質も制限しておりますので筋肉量も減る可能性があります。それに比べて脂質制限は糖質を摂取しているので筋肉量は落ちづらい分、体重はゆっくり落ちていきます。糖質を摂取しながら脂肪だけ減っていきますので数値以上に見た目の変化は大きいです。

 

当ジムは脂質制限+血液型・遺伝子による食指指導をしております。
血液型によって合う食べ物、合わない食べ物が分かります。そして遺伝子によって筋肉の付きやすさなどもわかります。合うものが分かり、自分の体質が分かり、長く続けられる脂質制限の食事指導をすることで遠回りせず、お客様に合ったダイエットをご提案することが可能になります。

 


 

当ジムと他のジムの違いについて書かせていただきました。ご覧頂きありがとうございました。

 

内臓脂肪を減らすコツ

内臓脂肪とは?

食べ物を食べたときに摂取した栄養が消費することができず余ったものは脂肪となって蓄積され、内臓の周りについた脂肪のこと内臓脂肪といいます。
内臓脂肪が溜まる主な原因は、運動不足食べ過ぎがほとんどです。1日で人間が使う消費エネルギーよりも摂取カロリーが上回ると脂肪として身体に蓄積されやすいです。例をあげると、水泳選手は1日の消費エネルギー量が多いので太っている人が少なく脂肪が蓄積されづらいのですね。
運動だけでは内臓脂肪を減らすのは難しいので食事の見直しが大きなポイントになります。


内臓脂肪を減らすポイント

 

1 満腹になるまで食べないこと

肥満の人はおなかいっぱいになるまで食べてしまう傾向がみられます。これが原因です。
最初は難しいかもしれませんが「少し物足りないな」と感じるぐらいで食事は終えて、一度に摂取する食事量を抑えることで、消化器官に過度な負担がかかりづらくなるので脂肪を無駄に溜め込まなくなることや無駄なカロリーを抑えることができます。
消化器官に負担がかかり過ぎると身体の消費エネルギーが少なくなり、脂肪を溜め込む働きをしてしまいます。

2 よく噛んで食事の時間を長く!

よく噛むことで満腹中枢が刺激され満腹感を感じるようになります。それにより食べ過ぎ防止につながり無駄なカロリーを取らなくて済みます。

3 朝は食べる!食事回数を増やす

朝は食べない人が多いですね。朝を食べないと活動代謝が下がりやすいのでしっかり食べて代謝を上げたいですね。
朝は多め昼は朝よりも少な目、夜は朝、昼よりも少な目、これが理想です。
また、食事回数を増やすことで比較的、血糖値を安定させることができます。血糖値が急激に上昇するとブドウ糖からインスリンというホルモンが過剰に出てしまうので脂肪を溜め込む働きをしてしまいます。できるだけインスリンが過剰に出ないように血糖値をなるべく上げないのがポイントです。理想の食事回数は5回以上ですね。

5、栄養バランスを考える、運動をする

簡単にできるのは余分な脂を取らないようにすること。揚げ物、アイスクリーム、お菓子などを控えるだけで見た目は簡単に変わります。「わかっているけどやめられない」という方は動きましょう。食べたいなら運動をしっかりしないといつまで経っても痩せれません。


まだまだ痩せるコツはございますが基礎的なものだけ書かせていただきました。5つの項目を意識して行なえば身体は変わります。一人で出来ないのならばパーソナルトレーナーに頼ってください。よく「自分に甘いのですが痩せれますか?」とカウンセリング時に言われますが、逆に自分に甘くない人は自分でできるのでパーソナルトレーニングジムに来ません。できない人をサポートするためにトレーナーはいるのです。本気で痩せたいのならば、トレーナーのいうことを聞いてください。そうすれば必ず身体は変わります。

パーソナルトレーニングジムもたくさんありますが

一度当ジムの無料カウンセリングにお越しください。

当ジムの無料カウンセリングは以下のページよりお申し込みいただけます。

>>無料カウンセリングのページはこちら