パーソナルトレーニングの魅力

ダイエットなら【パーソナルジム】がオススメ!普通のジムとの違いやその理由は?

こんにちは!
名古屋の丸の内・久屋大通・金山駅近くのパーソナルトレーニングジム、アレスコの大西です!

ダイエットをお考えのみなさま、パーソナルジムはご検討されていらっしゃるでしょうか?

「パーソナルジムって、ダイエット向きのジムですか?」
「スポーツジムとの違いって…?」
「メリットとデメリットを教えてほしい」

無料カウンセリングでも、こんな風に色々な質問が飛び出します。
今回は、実際にパーソナルジムに勤めるプロのトレーナーとして、みなさまの色々な疑問にお答えします!

 

パーソナルジムってどんなジム?

当ジム・アレスコは『パーソナルトレーニングジム』です。
実際のところ、スポーツジムに比べると、耳にする頻度は低いと思います。
「パーソナルジムってどういうところ?」と疑問に思われる方は多いでしょう。

英語の『パーソナル』には、個人的、個人用の、という意味があります。
つまり、パーソナルトレーニングジムは、お客さま一人ひとりにオーダーメイドのトレーニングコースをご用意するジムです。

集団で運動するジムや、器具が使い放題のみのジムとは、ひと味もふた味も違うんです。

【当パーソナルジムの特徴】
・マンツーマン指導
・生活上抱えているお悩みを詳しくお伺いして、希望に添ったコースをご案内
・現在のライフスタイルに合わせたトレーニングメニューをご用意
・ダイエットを支援するため、食事内容も考案
・トレーナーが、長期的な経過を見守りながら指導内容を調整

ジムに通う方は、それぞれ目的が異なります。
事前にお客さま一人ひとりの『目標』をお伺いし、トレーナーとの二人三脚で目標達成を目指すのが、パーソナルジムならではの特徴です。
特にダイエットに関しては、自信ありです!

パーソナルジムのメリット・デメリット
●パーソナルジムを選ぶメリットは?

なんと言っても、個人ごとのオーダーメイドのトレーニングメニューをご用意できることです。
一人ひとり体型が違うのと同様に、性格、価値観、目標も人によって違ってきます。
そのため、個人の特性に合わせたトレーニングメニューをこなせるパーソナルジムは、ダイエットの効果を出すための近道です。

そしてもう一つのメリットは、「マンツーマン指導」で、挫折を防げること。

ダイエットに挫折はつきもの。
ダイエットに取り組んだことがある方は、リバウンドを経験した方のほうが多いのではないでしょうか。そして、今後も新しいダイエット方法に振り回されることになるかもしれません。
次から次へと出てくる新しいダイエットを試してリバウンドを繰り返すよりも、専門家のトレーナーと共に『基本を押さえたトレーニング』で太りにくいからだを作るトレーニングを行うのが、結局は近道ではないでしょうか。

アレスコが提供するトレーニングや食事の指導内容は、一生使える財産になりますよ。

●デメリットはある?

パーソナルジムにはデメリットも存在します。
それは、料金が決してお安くはないこと。
トレーナーのマンツーマン指導、あなた専用のトレーニングメニュー、体質に合わせた食事メニューの提案……と、盛りだくさんの内容ですから、どうしても普通のスポーツジムよりは料金が高くなってしまいます。

挫折を防ぎ、ダイエットの効果を出すための必要経費とお考えいただければ幸いです。

実際のお客さまの声をご紹介!
パーソナルジムに通われる方の9割が『初心者』とおっしゃっています。

「トレーニングなんて初めてだし」
「途中で辞めたくなるかもしれない」
「厳しい指導についていけるか不安…」

ヒアリング前には、多くのお客さまはこんな風に不安な気持ちをお話ししてくださいます。
トレーニング中は、不安な気持ち、辞めたい気持ちも当然出てくるものです。そんな気持ちに寄り添うために、パーソナルトレーナーがいるんです。
トレーナーと共にメニューをこなし、コースを終了する頃には、心も身体も大きく変化しているお客さまが多くいらっしゃいます。

「体型が変わって嬉しい!」
「自分専用メニューを考えてもらえて、ポジティブな気持ちでトレーニングできた」
「トレーナーさんと基礎を頑張ったから、これからは一人でダイエットを続けられそう」

と、嬉しいお声をいただいています。
当ジムのトレーナーは、決してお客さまを否定しません。一緒に高めあいながら、二人三脚で、体型だけでなく、今の自分から変わりたい部分(性格や価値観)にもアプローチしていきます。
トレーナーと共にコースを卒業することは、あなたの気持ちが変化するきっかけの一つになると思います。
なりたい自分になるためのスタート地点として、ぜひ、パーソナルジムをご検討ください!

まとめ

パーソナルジムでダイエットをお考えの方は、色々な動機をお話ししてくださいます。

「短期間で自分を変えたい」
「正しいダイエット方法を知って効率的に痩せていきたい」
「結婚式が数か月後にあるのでそこまでには痩せたい」
「筋肉質な体型になりたい」

それぞれ熱い気持ちをお持ちです。
けれども、人には話しにくいし、一人で取り組むのは不安、という気持ちも同時に抱えていらっしゃる方が多いようです。
当パーソナルジムがそんなみなさまのお力になれるかどうか、無料カウンセリングにて詳しくお話しいたします。
私達がどのようなサービスを提供しているか、ぜひ一度聞いてみてください!

アレスコパーソナルトレーニングジムは、お客さまの生涯のコンシェルジュとして、要望や相談にお応えすべく『リバウンドサポート』をご用意しております。

コース卒業後も、ご自身で続けられるようなトレーニングメニューを作成。そしてダイエット向き食事メニューの作成も、永久無料でサポートさせていただきます。
また、『60分のトレーニングが3回無料』と、リバウンド対策としては業界最長クラスのサポートもご用意しております。
リバウンドしない身体作りに自信があります!
そして、当ジムに通われている期間中も、栄養バランスを含め、飽きないようにメニューを考えていきます。
そのため「食事制限が意外と苦しくなかった」とのお声もいただいています。
「健康的にダイエットしたい」「自分を変えたい」とお考えの方は、ぜひアレスコパーソナルトレーニングジムまでご相談ください。

名古屋のパーソナルトレーニングジムアレスコでは、一人ひとりの体質、体調に合わせた完全オーダーメイドのアドバイスが人気です。
血液検査や食事アドバイス永久無料など、他にはないリバウンド対策で一生もののダイエットをしませんか?

気になった方は、まずお気軽に無料相談を!

ダイエットするためにランニングはあり?プロが教えるメリット・デメリット!

こんにちは!
名古屋の丸の内・久屋大通・金山駅そばのパーソナルトレーニングジム、アレスコの大西です。

最近は、ランニングが趣味、という方が増えてきました。
ランニングは健康に良いことは勿論、ダイエット効果も期待できます。

当ジムでも、
「でも、どの程度効くんでしょうか?」
「痩せたいなら他の運動の方がいいですか?」
「膝や腰の負担になりますか?」
こんなご質問をよく聞きます。

今回は、ランニングとダイエットの関係、そして具体的にどんなランニングダイエットがオススメなのかを、プロの視点からご案内します!

 

ランニングダイエットの考え方

ランニングダイエットをする場合、
『筋肉量をできるだけ落とさず、脂肪を燃焼させる』
のが目的になります。

この目的を理解しているのとしていないのでは、トレーニングに臨む際に大きな差が出てきますので、覚えておいてほしいポイントです。
それでは、ランニングを取り入れたダイエット法を具体的にご案内していきますね!

(1)ランニングのやり方

●どのくらいの時間走ればいい?
20分以上、そして長く走りすぎないのがポイントです。

一般的に、脂肪が燃焼を始めるのに、20分以上の運動が必要と言われています。
それは、まず走るエネルギー源として、先に糖質が使われるからです。脂肪の燃焼は、それが終わってからになります。
つまり、ある程度ランニングを続けなければ、脂肪を燃焼させることができません。
なので、20分以上走り続けましょう。

同時に、走りすぎはよくありません。
走りすぎると、身体はエネルギー源を求めて、筋肉を分解してアミノ酸にして消費してしまいます。
結果、筋肉量が減り、基礎代謝も下がって、太りやすい身体になりやすくなるんです。

オススメは、30~40分の無理をしない長さの運動です。

●週に何回くらい走ればいい?
個人差はありますが、週に2回~4回がベストです。
それも、連続ではなく一日おきなど、間を置いて走るようにしましょう。

筋肉をつけて脂肪を燃やすダイエットが今回の目的ですから、筋肉を休ませて回復させてあげることも重要です。
頻度が多すぎると、逆に脂肪を燃やしにくい体質になる可能性がありますから、ランニングのやり過ぎに注意してください。

●激しいランニングと軽めのランニング、どちらがいい?
ランニングの際には、『少し息切れする』『走りながら会話ができる』といった強度が、脂肪燃焼を促進させる目安になります。
この基準がわかりにくい、と感じる方は、心拍数で確認することもできます。

ランニングの際に心拍数を図ってみてください。
脂肪燃焼に効果的な運動強度は、最大心拍数に対し60~70%程度の心拍ゾーンにあたると言われています。
ちなみに、『最大心拍数=220-年齢』で計算するのが一般的です。

こんな風に細かい計算もできますが、全体としては「追い込みすぎず、手を抜かず」という加減が大切になってきます。

(2)ランニングダイエット向きのサプリメントは?

●ランニング前:トレーニング開始の30分前にBCAAを!

サプリメントでBCAAを摂取しましょう。
BCAAは消化吸収が早いので、時間を間違えないように注意が必要です。

ところで、BCAAって一体なんでしょうか?
BCAAは、筋肉の合成や筋たんぱく質の分解を抑える効果を持っています。そして、ランニングなどの有酸素運動において、エネルギーとして使われています。
要するに運動して血液中のBCAAがエネルギーとして消費され、不足状態になると、筋肉の分解が始まってしまいます(カタボリックと呼ばれる現象です)。
そのため、トレーニング開始30分前に、体内のBCAAの濃度を上げておくことが重要です。

●ランニング後:筋肉をつくるために、ホエイプロテインを!

ランニングをすると、下半身を中心に身体のあちこちの筋肉を損傷させることになります。
休憩に入ると筋肉の修復が始まりますが、ここで吸収が早いホエイプロテインを摂取することで筋肉の増強を促し、代謝の良い身体をつくることが可能になります。
『代謝が良い=痩せやすい』ですから、ダイエットには効果的ですね。

このようにプロテインにも、色々種類があります。
ちなみに、就寝前は『吸収速度が遅く体内で効果が長続きしやすい・ソイプロテイン』を飲むなど、使い分けをすると効率的です。

(3)ランニング前は筋力トレーニングを!

ランニングだけではなく、筋力トレーニングをつけると、ダイエットにより効果的です。

・ランニング   =有酸素運動
・筋力トレーニング=無酸素運動

こうなっていますが、有酸素運動だけだと、筋肉量が減って基礎代謝が下がる可能性があるので、無酸素運動を取り入れてみましょう。

【オススメ無酸素運動】
●ニートゥーエルボー:効果のある部位→腹直筋・腹斜筋・腸腰筋

① スタンディングで足を肩幅に開く
② 左足の膝を上げ、体をねじるようにして右肘とくっつける
③ ①の姿勢に戻る
④ 右足の膝を上げ、体をねじるようにして左肘とくっつける

この動作を繰り返すと、ぽっこりお腹を防ぎ、痩せやすくなる身体に近づきます。

●スクワット

① 肩幅程度に足を開き、つま先を外側に広げる(45度程度)
② 膝をつま先と同じ角度で保ちながら、お尻を斜め下に突き出し、しゃがむ
③ ゆっくりと最初の姿勢に戻っていく

膝への負担が多いランニングですが、スクワットで筋肉量を増やせば、その負担を軽くしていくことができるでしょう。
これらの無酸素運動を組み合わせることで、ランニングダイエットの効果が出やすくなります。

まとめ

ダイエットが目的なら、ただ走るだけというのはもったいないです。
折角ランニングするなら、なるべく効率よくダイエットにつなげていきたいものですね。
今回は、なるべく効果が出るランニングダイエットの方法をご案内しました。興味がある方はぜひ挑戦してみてください。
他にも色々な練習メニューを豊富に取りそろえていますから、お気軽に相談してくださいね!

名古屋のパーソナルトレーニングジムアレスコでは、一人ひとりの体質、体調に合わせた完全オーダーメイドのアドバイスが人気です。
血液検査や食事アドバイス永久無料など、他にはないリバウンド対策で一生もののダイエットをしませんか?
気になった方は、まずお気軽に無料相談を!

ダイエット中の外せない外食! 気をつけたい4つのポイントは?

こんにちは!
名古屋の丸の内・久屋大通・金山駅そばのパーソナルトレーニングジム、アレスコの大西です。

ダイエットをしているみなさんは、食生活をコントロールされていますよね。
けれども、たまには外食したくなると思いますし、お仕事やお付き合いでどうしても外食しなければならない機会もあると思います。

「今日は気分を変えて外食したい」
「断れない方からのお誘い」
「コース料理だから、食べ残しはNGかも…?」

と、色々事情がありますよね。
今回は、ダイエット中の外食でなるべくカロリー摂取したくない人のために、気をつけたい4つのポイントをお知らせします!

POINT.1 炭水化物がメインのメニューは避ける

外食のメニューやお店を選べる場合は、炭水化物がドーンと出てくる食事は避けましょう。
炭水化物には、たくさんの糖質が含まれています。糖質制限はダイエットの基本ですよね。

例えばカレー。ご飯もそうですし、ルーには小麦粉が入っています。
中華だったら、餃子の皮に小麦粉が使われていますし、中華のとろみは片栗粉で出しているんです。

お肉やお魚でも安心できません。
カツの衣も炭水化物。照り焼きに使われるみりんは糖質を含んでいます。
外食すると、知らず知らずのうちに糖質をたくさん摂取してしまう可能性があるんです。

特に危険なのは、ラーメン+チャーハンといった炭水化物セット!
外食するときには、なるべく炭水化物、糖質を含まないメニューを選ぶようにしましょう。

POINT.2 満腹中枢を刺激して、食事量をコントロールする

外食すると、あれもこれもとつい頼んでしまいがちですが、なるべく少ない食事で満足できるように工夫するのが、リバウンドを避けるコツになります。
折角の外食ですから楽しみたいもの。満足できないのも辛いので、なるべく満腹感を感じられるようにしたいですよね。
以下、満腹になりやすい方法をご紹介するので、外食のときだけでなく、普段からぜひ工夫してみてください。

●噛む回数を増やす
実は、咀嚼回数を意図的に増やすと、満腹中枢を刺激する物質を脳が分泌します。
同時に、食欲を抑えるホルモンも分泌されるので『よく噛んでゆっくり食べる』ことを心がけると、食事の全体量を抑えることができます。
外食時は、噛まずに食べられるメニューを避けることも大切ですね。

●食べる順番を変える
なるべく早く満腹を感じられれば、食事量を抑えられます。
同じメニューでも食べる順番を変えると、満腹感を感じやすくなりますので、試してみましょう。

【オススメの順番】
①汁物:汁物はお腹にたまりやすく、満腹感を感じやすいので、早めに食べましょう。
②サラダ:野菜類を先に食べることで血糖値がゆるやかに上昇し、脂肪の吸収を抑えることができます。
③肉や魚:炭水化物の前にお腹に入れておくと、空腹感が消えていきます。
④炭水化物:最後に食べることをオススメします。空腹状態で炭水化物を摂ると血糖値が急上昇し、糖質を脂肪として蓄えやすくなってしまいます。

こんな風に、炭水化物を摂る前に他のものを食べると、ダイエットに効果的なんです。
ちなみに、①汁物と②サラダは、順番を入れ替えてもOKです。

POINT.3 調理方法でメニューを決める

ダイエット中ですから、外食時も太りやすいメニューを避けるように心がけましょう。
調理方法ごとの特徴はこちらです。

【調理法ごとの特徴】
・茹でる:○。肉などは、茹でることで余分な脂肪が落ちます。食材の栄養素が溶け出してしまう点はデメリットです。
・蒸す :◎。油を使わないので、カロリーを控えられます。素材の味を楽しみましょう。
・焼く :△。油を使う分、脂質が増えて、摂取カロリーも増えてしまいます。
・煮る :△。調味料(醤油やみりん)が使われるので、自然と糖質を摂ってしまいます。

茹でた料理や蒸した料理がないお店もあるでしょうから、この点は、あまり無理することはありません。
外食の際に炭水化物を避けるだけでも、十分ダイエットに効果がありますよ。

POINT.4 サプリメントでカロリー摂取を抑える

外食では、お店やメニューを選べないときもありますよね。

そういうときは、食事の前にダイエットサプリを取っておくことをオススメします。
ダイエットサプリには『血糖値の上昇を抑える・糖質をカットする』など、太りにくくしてくれる効果があります。
ダイエット用のサプリは色々種類がありますので、選ぶのは難しいかもしれません。
そんなときは、第三者に保証されている『機能性表示食品』や『特定保健用食品』という記載があるかどうかを確認してください。
お値段も色々ありますので、継続して飲めるような価格帯かどうかも買う前にチェックしてみましょう。

まとめ―――やっぱりダイエットは食事内容が肝心!

今回ご紹介した通り、ちょっとしたポイントに気をつければ、外食の機会があってもダイエットを続けていくことができます。
ダイエット期間中、外食はイレギュラーな食事になると思いますが、太りやすい食べ物と太りにくい食べ物の違いを意識して、効率的にダイエットに取り組んでいきましょう。

ちなみに、アレスコパーソナルトレーニングジムは、『リバウンドサポート』をご用意しております。
コース卒業後も、ご自身で続けられるようなトレーニングメニューを作成。そしてダイエット向き食事メニューの作成も、永久無料でサポートさせていただきます。
また、『60分のトレーニングが3回無料』と、リバウンド対策としては業界最長クラスのサポートもご用意しております。
リバウンドしない身体作りに自信があります!
そして、当ジムに通われている期間中も、栄養バランスを含め、飽きないようにメニューを考えていきます。
そのため「食事制限が意外と苦しくなかった」とのお声もいただいています。
「健康的にダイエットしたい」「自分を変えたい」とお考えの方は、ぜひアレスコパーソナルトレーニングジムまでご相談ください。

名古屋のパーソナルトレーニングジムアレスコでは、一人ひとりの体質、体調に合わせた完全オーダーメイドのアドバイスが人気です。
血液検査や食事アドバイス永久無料など、他にはないリバウンド対策で一生もののダイエットをしませんか?

気になった方はまずお気軽に無料相談を!